Author:ROB


リアルタイム / ツイッター / cure:47134
コミケをこよなく愛する腐った人です。
気が向いた時にフラっとコスプレしてます。
よろしくお願いします。

  

ろぶはスレン様を応援しています

左下のイケメンが私の彼氏です

コスプレリンク(敬称略)

亜樹良
苺大福みゆ
瑛里
馨
神無城リューカ
kaworu
冠哉
降紀
琥哉
サエキ&まちだ速人
櫻井はると
■
しめじ
水京水城
昴
星衣
千代蔵
つかさ
十夜ひびき
野乃瀬あき
野村みずほ
柊サトル
Pinoko
深海和也
38
柳晴
憂。
ようか
ヨッサン
ライセ
りく&見夜
竜胆

ZOIDSリンク(敬称略)

ZAOD ゾイド模型展示会
第2弾が出るよ・・・!
B2
2LDK
戦闘機怪獣部屋ブログ
zoids awakes

カテゴリ

二次元オタクがごちゃごちゃ言うブログ
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
追悼
DSC_0405.jpg



実家のお柴様が先週天国に行きました。12歳でした。


コスともオタクとも関係ないうえに、親馬鹿丸出しの思い出日記なので
続きはたたんでおきますね。




もともとオカンが犬苦手で「犬怖い!犬無理!」て人だったので
「わんちゃん飼うなんて夢物語だよなぁぁぁぁ」てずっと諦めてたんですが
どういういきさつか忘れたけど私が高校の時に「柴犬飼おうぜ!」て事になって
やってきたのがコロでした。
最初に譲ってもらおうと思っていた子がブリーダーさんの手違いで怪我をしてしまったらしく、
後遺症になると後々申し訳ないので別の子を、ということでコロを譲っていただいたのですが
「これ、柴犬?」て疑いたくなるくらいキツネそっくりで最初ビックリしましたね。

豆柴ということでお譲りいただいたんですが、そんなこと無視してすくすく育ち
気が付いたら並の柴犬サイズになっていました。
(後から知ったんですが、”豆柴”っていうのは犬種じゃなくてあくまでも”小柄な柴犬”なんだそうですね…)

コロが来て半年後に私は大学進学の為に家を出たので、一緒にいた時間はものすごく短かかったです。
年に1~2回しか帰省しなかった為か、彼の中で私は「家族内最下位」だったらしく
帰省する度に腰カクカク攻撃をくらいました。

1度「トリ●アの泉」の『飼い主が倒れたらわんちゃんはどうする!?』的検証を試したことがあるのですが
リード離した瞬間「いまだーーーーーーーーーーー!!!!(゜∀゜)」みたいな顔してどっか行きましたね。

4歳の時に失明したと聞いた時は本当にショックで「うぅぅぅ・・・(´;ω;`)」てなったのですが
獣医の先生いわく「わんちゃんは耳と鼻が生きてれば割と不自由なく生活できるんですよ」とのことで
確かにその通りで、物にぶつかったり溝にはまったりすることもなく普通に散歩が出来たので
「犬すげえええええ」てなりました。

金曜ロードショーでもののけ姫が放送されれば、放送後「こんな時間に散歩っすか(´Д`)」みたいに渋るコロを無理矢理連れ出し
サン(とモロ)になりきって近所の公園を走り回ったりしました。
↑これ、高校の時だと思ってたけど考えてみたら大学時代ですね・・・。
誰もいないのをいい事に、公園の山の上で「いくよ!」とか「おいで!」とか言ったりあああああああやめてこれは別の意味で辛い思い出。




お腹に黒い腫瘍が出来たのは2~3年前だったかな・・・気になって先生に診せに行ったんですが「んー?なんだろうねー?」
みたいな感じで流されたので「別に問題ないのかな」と放置していたのですが
出血が酷くなりいよいよこれはあかんやろ!て事になって再度診てもらったら癌でした。
既に高齢だったため手術には耐えられないだろうとのことで、お薬でなんとか頑張っていたようなのですが
去年の猛暑で相当やられていたらしく、先週、息を引き取ったそうです。

最期は特に苦しんで鳴いたりすることもなく静かに逝ったそうで、先生も「神経が通っていない場所だから痛みはなかったと思う」
とか言ってたけどそんなのコロに聞かなきゃわかんないじゃん!!!!お前コロと喋ったんかい!!!!
日頃から鳴かないようにしつけていたので、「痛くて鳴きたいけど怒られるから我慢・・・」とか思ってたんじゃないかなあとか思うと
無力すぎる自分が情けなくて泣けてきますね。

ずっと一緒にいた実家の母や妹は「出来ることは全てやった」と言ってましたが、
ほとんど一緒にいられなかった私はやはり後悔ばかりが残ります。
もっと帰省しとけばよかったなーとか、もっと写真撮っておけばよかったなーとか。
特に子犬時代の写真がほとんど無いんですよね。あの頃は特にカメラ趣味とかなかったしなぁ。

カメラといえば、コロがそんな状態だったので生きてるうちにちゃんと動画録っておこう!と思って
ちょうど先週末新しいカメラを買いに行こうと思っていたところでした。
お盆シーズンは帰省出来ないから7月中に1回帰って、その時録ろうかな(´▽`)て思ってたんですが
ちょっと遅かったですね。



残念な気持ちとか申し訳ない気持ちとか、そういうので押しつぶされそうですが
最後に残るのはやっぱり感謝です。
体調不良で1年程休職していた時は本当に本当に世話になりました。本当に本当にありがとう。

感謝の気持ちを込めて、元気だった時のお写真ぺたり。



DSC_0407.jpg
DSC_1582.jpg
DSC_0277.jpg
DSC_0364.jpg
DSC_0365.jpg
DSC_0403.jpg
DSC_0258.jpg
DSC_0261.jpg


ありがとう。ありがとう。
おつかれさま。おやすみなさい。









そういえば、母に「私、あんたよりもコロといた時間の方が長いわー」て言われてしまいました・・・(´▽`)
言われて見れば確かにな。
これからは帰省する回数増やそうと思いました。


スポンサーサイト
【2011/07/06 21:30】 | 日記 |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。